お客様第一、信用第一、仕事に真摯に取組み、人を育てる、革新に挑戦!


  あいおい損害保険株式会社は、2001年4月に大東京火災海上保険株式会社と千代田火災海上保険株式会社が合併して誕生した、正味収入保険料が日本で第四位の損害保険会社です。 2010年4月にはニッセイ同和損害保険及び三井住友火災保険と共にMS&ADインシュアランス グループ ホールディングスを設立、経営統合を行い保険料収入において日本トップ、世界第7位の金融保険グループの一員になりました。
  弊社の前身は1897年に設立し、110年以上の社歴を有しており、「お客様に一番身近な総合保険サービス企業を目指す」という企業理念のもと、長年に渡り保険、交通安全、環境保護及び文化芸術の発展に注力きており、2004年、損保業界では画期的な商品である「PAYD」を発売し、実際の走行距離に応じて保険料を計算し、毎年の継続手続きを不要とし、お客様の利便性の向上を図っています。
  弊社は日本の損害保険会社の中で唯一自動車衝突実験施設を有している保険会社であり、自動車の衝突実験によりデータを取り纏め、自動車の壊れにくさや修理のしやすさに関する研究のほか、自動車の修理技法に関する研究・開発等に取組んでいます。
  また、弊社は長年にわたり、アジア各国の損害保険業の発展に注力し、あいおい保険セミナーを30回以上開催しました。近年、中国保監会北京保監局、中国保険協会等と連携し、北京・天津等の地域におきましても、自動車保険セミナーを行い、中国保険同業者に対して損害保険について講演を致しました。
  現在、弊社は世界で40ヶ所あまりの海外拠点を持ち、中国では子会社1ヶ所と3つの駐在員事務所を設置しております。

 
Copyright(C) 2011, Aioi Nissay Dowa Insurance (China) Company Limited All Rights Reserved.
掲載情報の著作権はあいおいニッセイ同和損害保険(中国)有限公司に帰属します
津ICP備07500141号-1